精密治療をサポート

インプラントガイドTEAM

千葉県の歯科技工所「協和デンタル・ラボラトリー」は、安心・安全なインプラント治療をサポートするため、各社プランニングソフトウェアを使用し補綴知識を活かしたサージカルガイドの提供をおこなっています。当社は、サージカルガイド製作を専門におこなう「インプラントガイドチーム」を組むことで、より質の高いサポートを実現しました。

インプラントガイドチームでは、インプラントプランニングソフトを用いて、患者様のCTデータと診断ワックスアップのデータを合成。より鮮明なインプラント埋入前のシミュレーション画像と、精度の高いサージカルガイド製作をご提供しています。

また、CT画像は、金属によるアーティファクトの影響で歯冠部分が不鮮明になる場合があります。そこで、インプラントプランニングソフトを使用することで、石膏模型上に診断ワックスアップを行って得られたSTLファイル(三次元データ)を合成。より鮮明な画像上で骨、軟組織、最終補綴物形態も併せて確認し、精度の高いシミュレーションをおこなうことができるようになりました。より詳しい情報を知りたい方は当社までお気軽にお問い合わせください。

当社のインプラントガイドサービス

当社のインプラントガイドサービスの内容についてご紹介します。

サービス1

CT画像のアーティファクトを除去し、より鮮明な画像を提供します。

サービス2

軟組織の状況を確認し、診断ワックスアップやプロビジョナルレストレーションを再現したプランニング画像を作成します。

サービス3

プランニングソフトの遠隔操作によるサポートをします。

サービス4

上部構造の相談(スクリューホールの位置、上部構造素材選択など)も承っております。

サービス5

安全で正確なドリリングをサポートするサージカルガイドを製作します。

サービスご提供例
  • CT画像のアーティファクト

    CT画像のアーティファクト

  • アーティファクトを取り除いた画像(側方面観)

    アーティファクトを取り除いた画像
    (側方面観)

  • アーティファクトを取り除いた画像(咬合面観)

    アーティファクトを取り除いた画像
    (咬合面観)

  • 石膏模型とCT画像を合成した画像(側方面観)

    石膏模型とCT画像を合成した画像
    (側方面観)

  • 石膏模型とCT画像を合成した画像(咬合面観)

    石膏模型とCT画像を合成した画像
    (咬合面観)

  • 診断ワックスアップを合成し、 歯科医師によりプランニングが 行われた状態(側方面観)

    診断ワックスアップを合成し、
    歯科医師によりプランニングが
    行われた状態(側方面観)

  • 診断ワックスアップを合成し、 歯科医師によりプランニングが 行われた状態(咬合面観)

    診断ワックスアップを合成し、
    歯科医師によりプランニングが
    行われた状態(咬合面観)

  • 二次元断面図の様子。骨と歯肉、診断ワックスアップの情報をもとに詳細なプランニングを行うことが可能です。

    二次元断面図の様子。
    骨と歯肉、診断ワックスアップの情報をもとに詳細なプランニングを行うことが可能です。

当社で使用しているプランニングソフトの紹介

主な国内使用プランニングソフト、インプラントシステムに対応いたします。

対応プランニングソフト

  • SIMPLANT
  • coDiagnostiX
  • 3shape implant studio
  • iCAT
  • ノーベルガイド

対応インプラントシステム

インプラントTEAMのページをご覧ください